のぼりは工芸品ですが告示効果がありますので特に商売で使われる

のぼりは平仮名で漢字では幟と書きますが戦国時代から、あった物を商業用等として現代でも使われていますので日本の工芸品であり世界において唯一の告示のための製品です。戦国時代は戦の相手の告示として使われていた物ですが竹竿と布に字などを入れて相手の識別を確かなものにして戦では必要な用品でした。

その後の文明開化の時代に入り商業においてでも使われるようになりました。カラフルに告示できることから店の屋号などを記して、遠くからでも識別できる事がで、その事が店の繁栄に繋がったという実績が多い事から商売道具の1つになりました。色は3色が限度と言っていますが、其の訳は色が多いと何の商売をしているのか皆目わかりませんので一般的に3色が限度と言われています。店の商品販売に使うとしてもカラーで別ける事は不可能ですので目につきやすいカラーが必要と言う子世になります。商売でも多数ありますので、どんな商売でも、のぼりが必要ではなく標準的に決まっていますので商売しているから、のぼりが必要と言い切れないです。現代はインターネットがありますので解らない事は検索すれば大よその見当が出来る時代になっていますので便利になっています。またインターネットの、のぼり販売のウェブページが多数ありますので既製品の選びややオリジナルを作成する事ができます。

オリジナルを作成するにはウェブサイトの店のソフトをダウンロード及びインストールしなければなりません。またポールと、のぼりだけでは店の際に立て掛ける事は難しいですので風が吹いても飛ばされないようにする付属品も販売されています。特殊な店の販売でない限り既製品を利用したほうが費用の面で安く上がります。出店では、業種により実用な商売用具ですので何はなくとも通りがかりの人に目につきやいことから購入するようです。生地は木綿とビニールがありますので選択は自由ですが、それぞれ長所と短所があります。のぼりは選挙用もありますので国政や地方自冶体の選挙の時に利用している人もいます。マイクは声が疲れますと声が出なくなることがありますが、のぼりを使いますと観れば解りますので、その必要が無いために身体的にも楽と言われている現代の選挙用の戦利品になりつつあります。鯉のぼりは5月になれば男子の端午の節句を祝う物ですが窓辺の紙製と庭にポールを立てて飾っている家庭もあります。こちらの方は商業とは一切関係なしで男子の健康な成長を祝う用品になっています。